スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒らないこと

昨日僕は怒ってしまった。

そんな状況でふと目についたのがこの本だった。

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) (新書)
4901679201

目次からの引用

人間は「怒り」と「愛情」でできている

「怒り」が生まれると「喜び」を失う

「私は正しい」と思うから怒る

くだらない妄想観念が怒りをつくる

「怒りの人生」に喜びはない

怒りはすぐに伝染する

「怒る人ほど頭が悪い」という真理

笑えば怒りは消える

「怒らないこと」は奇跡をもたらす

誰もが幸福に生きられる


近しい人にこの本と同じようなことを言う人がいた。
「自分は怒りたくない。生きていてとても幸せだ。」

そういえば、その人はいつもニコニコしているし、
うれしいときは本当に幸せそうな表情を浮かべる。

僕が怒っていると、なぜそんなくだらないことで怒っているのかと疑問に思うという。


怒らないようにするにはどうすればいい?

文中からの引用

それは怒らないことです。

実に簡潔な答えである。

怒ることは猛毒を飲むようなことで、自分を破壊して相手も破壊してしまう。

怒っているときは、客観的に物事を捉えられず背景や相手を理解していないとき。
すなわち智慧を使えていないとき。怒りやすい人ほど馬鹿なのだ。

怒りの感情が出てきたときは、猛毒を薬で抑えるように、
自分の心を見ればよい。笑えばよい。


完璧な人間はいない。物事に絶対などない。
不完全なものだから、物事が思っているとおりにならなくて当然。
自分に負けないために、どんなことも最後までやり遂げるのだ。

怒りは破壊のエネルギー。
怒りの人生に幸福はない。笑うことで幸福になる。
幸福だから笑うのではない。笑うことで幸福をつかむのだ。

相手の間違いに怒るのではない。
怒るのではなく、自分と状況と相手を理解して赦し、叱るのだ。


それにしても皮肉だ。
怒ったことをものすごく後悔しているときにこんな本に出会うなんて。


出家するつもりは毛頭ないが、ひとつ来年の目標ができた。

「怒らずに、笑いながら生きることを続ける。」


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) (新書)
4901679201



2009年12月14日 | Comments(4) | book | add Tumblr | 怒らないこと
コメント
No title
今週末、スマナサーラ長老の講演にいってくるよ。それだけ。つまらないコメでも怒らないでね。http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/8779.aspx
hanazappa URL 2009年12月14日 03:46:11 編集
No title
>hanazappaさん

お久しぶりです。

時間があえば、俺も行こうかな。まだ整理券はあるのかしら。有益な情報ありがとう。

行ったら感想聞かせてください。
mu URL 2009年12月14日 03:58:40 編集
No title
じゃあ逆におれ出家しようかな
いなみ URL 2009年12月15日 00:15:00 編集
No title
>いなみ

知り合いが言ってたけど、寺の朝は早いらしいぞ
mu URL 2009年12月15日 22:42:49 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

Donation


pray for japan

THANKSでは、2011年4月1日~2011年12月31日の間にhope4japanというテーマで投稿された
ありがとうに対して、1ありがとう39円(サンキュー)で被災地への義援金の寄付を行ないます。

Posters for Japan


Posters for japan

Tasukeai Japan


Tasukeai japan

Tumblr


tokyochaos

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。